1年を通したウサギの健康管理

ウサギはデリケートな生き物です。でも、基本体は丈夫な生き物ですから、ちゃんとした飼い方をすれば長生きできます。季節に応じたケアで可愛いウサちゃんを長生きさせましょう。

春:春はとても過ごしやすい時期です。ただ、朝と夜で寒暖差が激しい場合があり、老ウサギや子ウサギがダウンしてしまうこともあります。夜の気温が下がるときにきちんとした保温をしてあげましょう。また、偽妊娠が起こりやすい時期でもありますのでメスのウサギを飼っている人は注意して診てあげてください。毛の生え代わりもあります。ブラッシングをしっかりして毛玉症予防に努めましょう。

夏:夏はいちばん危ない時!ウサギは熱さや湿気に弱いので梅雨~秋口まではしっかり管理してあげないといけません。直射日光が当たらない風通しの良い場所を確保してあげて、ケージの中が蒸れないようにしてあげましょう。アルミシートやひんやりハウスなど、ペット用の保冷グッズが沢山販売されていますのでぜひ、利用してください。しかし、ジェルグッズはウサギがかじってしまって中身を食べてしまうことがありますので避けてください。ウサギがかじっても大丈夫なものを選ぶようにしましょう。クーラーを使う時は直接風が当たらないように配慮してください。風が当たると具合が悪くなってしまいます。また、この時期は食べ物や水が腐りやすい時期でもありますので食事や水の管理にも気を配ってください。

秋:過ごしやすい時期です。寒暖差が出てきますので春と同じように対処しましょう。初めてウサギを飼うならこの時期が一番おすすめです。暑さが和らいだこの時期から飼い始めると、次に一番危ない季節が来る頃には成長しきって立派な大人のウサギになっています。

冬:ウサギは暑いよりはましですが、寒いのも苦手。外からの隙間風に注意してあげましょう。ケージをダンボールで覆うなどすると多少暖かくなるようです。エアコンやストーブ利用もいいですが、空気が乾燥しますので、水がいつでも飲める状態にしてあげておいてください。