齧り木って絶対必要?

齧り木絶対に必要です。私たち人間と違って、ウサギの歯は一生伸び続けます。その伸び続ける歯を削っていかないと最後は顎を突き破り大けがをするまでになってしまうのです。ですのでウサギはなんでもかじります。椅子やテーブルの脚などの家具、電気コード、ケージの柵・・・とにかく齧りたいのは本能なのです。また、ストレスの発散にも齧り木は有効。ですので、齧り木は絶対に入れてあげてください。ペットショップにいけば、いろんなかじり木が売ってあります。ボールタイプや木製タイプ、わらで出来たかじりボールなどなど。お好みに合わせて用意してあげてください。

また、噛み合わせ不整合の予防には齧り木だけでなく、牧草も必要と言われています。齧り木の他に、牧草も与えるようにしましょう。牧草の中に、歯をしっかりと育ててくれる栄養分が含まれていますので、ペレットフードだけでなく、チモシーも併せて与えると良いですね。

我が家のウサギは近所のおじいさんからもらった梅の木の端材や藁ボールをかじり木として使っていました。麻紐も良いらしく、時々分けていただき、それもくっちゃくっちゃとそれはもう、うれしそうに齧っていたのを思い出します。バラ科の木や藁、麻などは齧り木としていいそうなので手作りしてもよさそうですね。当時、そのおじいさんから聞いた話では、松は松脂などが出るのでウサギには良くない、とのことでした。最近になって調べてみると、確かに松はよくないとのこと。その他、加工された木も避けた方がいいようです。