ウサギがやってきた!どうやって安心してもらおう?

可愛いウサギが家にやってきた!そんな時はどうしても興奮してしまいますよね?「きゃあかわいい!」「抱っこしたい!」その気持ちはもちろんよくわかります。でも、待ってください。ウサちゃんは慣れない環境に来てびくびくしています。また、ウサギはストレスにとても弱い動物。びっくりさせてしまうと体調を壊すこともあり得ます。見知らぬところに来たばかりのウサギはとても不安。頼れる人は誰もいないのです。そんなウサギの気持ちに寄り添ってあげられるかどうかでその後のウサギとの関係が少し変わってきちゃいます。ゆっくり優しくならしてあげてくださいね。

一日目は牧草や水、ペレットなどの食事を与え、ゆっくりとケージで休ませてあげましょう。その間、なるべく見ない、触れない、騒がない。とにかく環境に慣れさせるのが先決です。

二日目に優しく声をかけて見ましょう。耳をぴくんと動かすはずです。食事を差し入れる時に「ごはんだよ」と言うだけでも結構です。その際、おびえた様子が無ければ少し撫でてあげても良いかもしれません。嫌がるそぶりが見られたらすぐに辞める事。とにかくあなたが危険な人物でないことをアピールしてください。

三日目、少し様子を見て、大丈夫そうであればケージから出してみましょう。出たがらない、人の手におびえる、そんな時はもう少しケージの中で声掛けを続けるようにしてください。絶対にあせってはいけません。

四日目も三日目と同様です。様子を見ながらケージから出すかどうかを判断してください。早い子はこの頃には少しづつ落ち着いていると思われます。抱っこができる場合もありますので試しに抱えてみてください。初めの抱っこは短い時間で済ませてください。最初から長々抱いていると抱っこそのものに嫌なイメージが植えつけられてその後抱っこ嫌いな子になってしまいます。ゆっくり少しづつ時間を延ばしながら抱っこに慣らしましょう。

注意して欲しいのは、ウサギにも個体差があると言うこと。三日目だからこれだけできないとおかしいとか四日目だからもう抱っこできるはず!なんてことはありません。どの手順もウサギの様子を見ながらやっていきましょう。ムリそうであれば諦めて次の日にチャレンジをすること。この時期に良い関係を築けるかどうかでその後の信頼関係ががらんと変わってきます。